タグ: 人々

並び替え :
|

イタリアで広がりつつある?日本人女性の悪い噂

久しぶりにイタリア関連の話題です。 今月に入ってこのような話を聞くのは2度目なのですが、残念なことに変な日本人女性の話を耳にしています。 ソースは私のイタリア人の友達のお兄さんと、日本に住んでいる日本人の彼女を持つ外国人の友達です。彼らから聞いた話の中の日本人女性は同一人物ではありませんが、共通しているのはパートナーがいながらも他の男性を物色していることです。 それ...

続きを読む

始まりは1通のメールから➂

うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。 ポーランドさんの告白。彼と付き合う!? 「僕と結婚を前提に付き合ってほしいんだ」 「えっ・・・( ̄▽ ̄;)」   ポーランドって日本みたいにこんな感じで男女のお付き合いを始めるのですか?それとも私が日本人だから...

続きを読む

始まりは1通のメールから②

うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。 ポーランド人と日本人で京都観光、そして・・・ 休日を利用して大阪から京都にやってきたポーランドさんと私。大阪では観覧車の後に映画を見に行き、お買い物にも少し時間を当てたので予定より遅くなりましたが、夜には京都に着きました。 ...

続きを読む

始まりは1通のメールから①

うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。 ポーランドさんの計画と来日 事の始まりは1通のメールでした。数か月前にインターネットの言語学習サイトHellolingo で知り合ったポーランド在住のポーランドさんから急きょ、「日本に行くよ!」とメールが入ったのです。 えー...

続きを読む

謎の多い、顔なしさんという人物

顔なしさんとは、オンラインで知り合った、何人なのか、どこの国からやってきたのか、どこに住んでいるのかもわからない、お友達と呼べるのかも分からない人です。この始まりは去年の夏でした。   「今日から君をタマと呼ぶことにするよ。よろしくね、タマ」   ・・・( ̄  ̄;)   ・・・と実際にはよくある日本人女性の名前で自分の本名にか...

続きを読む

インターネットで友達を作る難しさ

英語を勉強するようになってから外国人の友達を作ることにかなり時間を割いてチャレンジした時期がありました。しかし友達が欲しいと切に願っても実際には思うようにいかなかったのでした・・・( ̄▽ ̄;) 最初は上手くいきそうに思えても、1カ月、3カ月、半年とだんだんと話さなくなったり、1年、2年と交流が長く続いたとしても突然ダメになってしまうことも実体験から多いように思います。オンライン...

続きを読む

分かりやすい英語と分かりにくい英語

英語で外国人と話すようになって思ったことのひとつに、「この世には分かりやすい英語と分かりにくい英語がある」というのものがあります。私の英語力が乏しいというのもあるのですが( ̄  ̄;)、同じような内容の話をしているのに話をしている人が変われば分からないということがたまにあります。文法の構造はパターンだし語順も決まっているのだから理解できるはずなのですが・・・。国別にどこどこの国の人の話す英語が...

続きを読む

イタリア人とハトの関係性

イタリアの街で見かける小鳥はイタリアに住む人たちに似てフレンドリーです。スズメなどの小さい鳥は警戒心が強いと思っていましたが、イタリアで出会った小鳥たちはわりと近づいても飛び立たないですし、間近で写真を撮れたりします。広場などでパンくずや食べ物をあげたりしている人を見かけるので、イタリアの人たちが彼らに優しく接しているのが関係しているのではないかなと思います。若いお兄さんもきれいなお...

続きを読む

女ひとり旅:南イタリアでやらかした失敗②

シチリアのカターニア(Catania)に旅行をしたときのことです。その時の滞在はわずか3日でしたが、私の自己防衛の甘さ、不注意や確認不足も原因で災難に見舞われたカターニア旅行となりました。 全身全霊を傾けてキスを拒否した話 カターニアを出発する日、カターニア空港から朝早い飛行機だった私は前日に空港までのバスチケットを購入して、バスの時刻と乗車するバス停の確認もして、当日も朝4時に...

続きを読む

女ひとり旅:南イタリアでやらかした失敗①

シチリアのカターニア(Catania)に旅行をしたときのことです。その時の滞在はわずか3日でしたが、私の自己防衛の甘さ、不注意や確認不足も原因で災難に見舞われたカターニア旅行となりました。 空も明るく人通りもあるけれど「女ひとり」は危なかった話 カターニア滞在初日、シチリアの西側から長距離バスのプルマンで街に到着したその夜のこと。まだ夕方と言えるくらい空も明るかったので、宿泊先の...

続きを読む