「キンタマかゆい」からの心配事、陰嚢湿疹?

何か普通ではないおまた事情を抱えてしまったドイツさんが気がかりで仕方ありません。痒いって汗疹みたいなものかなぁとか、どんな薬が良いのかなと考えてみたり、汗疹ならピンク色のお薬かな・・・と、結局それしか思いつかなかったのですが、今の時期に汗疹も遅いような・・・。肝心の「モノ」が女の私にはついていないので彼の言う痒いがイメージができません。軽い痒みなのか猛烈な痒みなのか、詳細が分からないのでドイツさんにもう1度LINEを送ってみることにしましたが、ここでもうひとつ心配事が生まれてしまいました。

 

もしかしてドイツさん、性病にかかってしまったんじゃ・・・と。

 

患部が患部なだけに少し不安になってきてしまいました。彼はおそらく私以外の女性とも関係を持っているのではないかと思われるので、その可能性も無きにしも非ず・・・。これは止むを得ない状況だということで、ドイツさんの返信を待っている間にキーボードで「キンタマ かゆい 病気」と入力して検索してみることにしました。

半分虚しさ、半分男性の秘密を見てしまうようでなんとも言えない気分でしたが、仕方ありません。普段調べることなどないものなので余計にですね(^^;)でも真面目に調べてみることにしました。

陰嚢湿疹とは

すると出てきたのは陰嚢湿疹(いんのうしっしん)というキーワードでした。この病気ですが、女性もかかってしまう病気のようです。女性の場合は陰部掻痒(いんぶそうしょう)と呼ばれるようですが、どちらの病名も漢字から察するになりたくはない感じです。この陰嚢湿疹という病気はアレルギー性の皮膚炎らしく、放っておくと慢性化し、再発を繰り返して治りにくくなるという悪循環に陥ってしまうちょっと厄介な病気のようです。男性で陰嚢湿疹の場合は玉袋そのものが痒くなる特徴的な症状があるようです。

仮にドイツさんがこの病気だとして、この病気は性病ではないようなのでとりあえず安心。そして感染することもないようです。ですがこの病気の面倒な部分は痒みは塗り薬で治まりますが、それは一時的な解決に過ぎず根本的な治療にはならないようです。なぜなら陰嚢湿疹にかかってしまう原因は蒸れだったり、疲れやストレス、食生活の乱れなどの生活環境が原因であったりとさまざまです。それらを見直して改善していくことも気持ちよく健康的な毎日を送るために必要不可欠ですね。

その他の考えられる病気

陰部の痒みがある場合、男性では陰嚢湿疹の他にいんきんたむし(菌が原因で感染の恐れあり)という病気や性器ヘルペスの可能性もあり得ますが、痒みを感じる部位や症状は陰嚢湿疹とはやや異なるようです。女性の場合は陰部掻痒の他にもたくさんの性病が陰部の痒みを伴う病気としてあります。自分でどの病気にかかってしまったのかを絞り込むのは男性よりも難しそうです。

ドイツさんのあの痒みがこの陰嚢湿疹かは判断出来かねますが、とりあえず痒みが続くならば、平穏無事な暮らしを取り戻すために先ずは皮膚科のお医者さんに診てもらってくださいと促しておきました(^^;)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事