ネイルをしない女がセルフネイルをはじめました

最初に言っておくことがあります。私は細かいところまで手を回せる女ではありません。アクセサリーなんて冠婚葬祭でネックレスをするくらいです。ピアスもしないし、髪を巻くこともヘアアレンジもしないですし、メイクはマスカラも塗りません。つけまつげやカラコンもしたことはありません。レーザー脱毛に行き始めたのも毎日ケアするのが面倒だったというのが一番の理由です。ネイルに関しては女の自己満足のためにするものだとと思っていましたから、女友達の家で遊んだ時くらいにしかしたことがありません。私の人生でネイルをした回数なんて5回もいかないと思います。そんな私にドイツさんが言いました。

「ハチは爪、塗らないの?」

「自然にしてるのが一番だよ(=面倒だもん)」

「塗りなよ。その方がハチも気分が良くなると思うし、セクシーだよ」

ちょっとよく分からなかったのですが、どうやらドイツさんは女性らしくいることは女性のひとつの幸せであると考えているようです。間違いではないですが、事によっては面倒くささが上回ってしまうので私はあまり乗り気ではありません。髪を作るのも推薦されましたが、私のスキルではひとつに束ねるのが精いっぱい。それに、まあ最近は梅雨のせいもあり気分も落ち込み気味なのは本当ですが、爪を塗ったくらいで気分が上昇するとか思えないのだけど・・・。

 

「塗りなよ(・-・)」

・・・そう思いながらもしつこいドイツさんに渋々了承した私は帰りにドラッグストアに寄ってマニュキュアを購入したのでした。

帰宅後、塗ってみたのはいいのですが、なんだかペンキ塗りに不器用な人みたいになってしまいました。これでいいのだろうか・・・。いや、言い訳はない。セクシーとか女性らしいとかのレベルには程遠く、「早く手を洗ってきなさい」と言われそうな見た目です。でも爪がつるつる、キラキラしているのは気分が上がるほどではないけれど、悪くないことに気づきました。

 

とりあえずドイツさんに「塗ったよ( *´∀`*)」と写真と共に報告してみました。

 

「・・・ガキっぽいね」

 

ヘタクソと言いたいのか、それとも子どもが描く絵のように芸術的と言いたいのか。まあ・・・練習あるのみと励ましてもらえたので、次はもっときれいに塗れるといいなと思います(^^;)

「Also I like that your nails and hair are in the way I want」

・・・結局そうなんですよね。私はドイツさんの着せ替え人形なのかしら。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事