不定期オープン、アイロンがけ専門店

ときどき、ドイツさん家ではアイロンがけ専門店がオープンします。この道30年と言っても過言ではない店主(ドイツさん)が見せるアイロンショーはそれはもう見ものです。テキパキと慣れた手つきでアイロンを使いこなし服を仕上げる技はアイロンがけのプロのようでかっこいいです。

私もやってみたいなぁと思ったので、ドイツさんにやらせてと頼んでみたのですが速攻で「ダメだ」と言われました(^^;)

彼の家にいる間の家事は洗い物、洗濯物、タオルの交換など、掃除・片づけ関係は私がしているのですが、アイロンがけだけはさせてもらえません。

「お願い。1回だけやりたいの、ね?」

・・・と私に可愛らしい要素は少ないのだけど、精いっぱいの可愛らしさを込めてお願いしてみたものの効果なしでした。そしてちょっと恥ずかしい自分・・・( ̄▽ ̄;)

「危ないからダメだ」とドイツさんは言うのですが、子どもじゃないし、家でアイロンがけをすることもありますし、彼のようにその道のプロではないですがアイロンの使い方くらいは知っています。

こう書くと一見、彼は私を心配しているようにも取れますが、全くそうではありません。私は知っているのです。彼がアイロンがけが大好きなことを。楽しそうに鼻歌を歌いながら、かけ終わった服を眺めて満足そうにしているものですから( ̄▽ ̄;)

私の方は特にアイロンがけをするのが好きというわけではありませんが、彼のそれを見ていると楽しそうだし、やってみたくなるのです。

そんなわけで、ドイツさんがアイロンをかけている間はソファでひとりゆっくりしています。

平和でなによりです。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ

関連記事