ドライフルーツをヨーグルトに漬けた価値

私は乾物が大好物です。レーズンや各種ドライフルーツ、ナッツ類など手元にあるとすぐに200gの大袋も1袋空けてしまいます。1日も持ちません・・・( ̄▽ ̄;)これは非常に太ります。体質的に乾物を多く摂取するのは良くないと分かっているのですが、それでも食べてしまいます(そもそも一気に食べるから問題が起きるのですけどね・・・)。

そんな私ですが、最近自分の中で人類の進化を体験しまして、ドライフルーツをヨーグルトに漬けて一晩置くという行動をするようになりました。今まではレーズンも、ドライストロベリーもアプリコットも、アーモンドもクルミもすべてそのままもぐもぐポリポリと食べていたのですが、遂に私も、火を使って肉を焼くことを覚えたのです。

ドライフルーツとヨーグルトであんなに美味しいフルーツヨーグルトができるとは、とても感激しました。毎日違うドライフルーツをヨーグルトに漬けて食べてるので、すでに日本で購入できるドライフルーツはほぼ試したんじゃないかなぁ・・・という気がしています。

個人的に好きなのはトロピカルフルーツのミックスされたものと、リンゴです。山査子(サンザシ)というよく分からない棒状のドライフルーツもヨーグルトといっしょに食べると酸味があって美味しかったので気に入ったのですが、産地を気にする方なので一度買ったきりです(^^;)

あと、面白かったのは、大粒の干しブドウでした。ヨーグルトに漬けておくと実の方は生のブドウかと思うくらいシャキシャキに戻っていたのですが、ブドウの皮の方は戻りそこねたようで、とても残念な感じでした( ̄▽ ̄;)

そして私は、このヨーグルトとドライフルーツの組み合わせを知ったことによって、乾物の食べ方を奇跡的に改善することができました。「一晩なら待てるよ」の精神で一気にたくさん食べてしまうことがなくなったので、少し健康的になったような気がします(^^)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ

関連記事