早くも再来、男性が「忙しい」を使うとき

ここ最近はドイツさんと会える日がめっきり減りました。なぜかというと彼はこの秋から仕事で新しいプロジェクトに取り組むことになったようで、年末まで、もしかすると来年の1月末くらいまでは忙しくなりそうだと、そうお達しがあったのです。これで私の方は今年も独り、そして去年よりも少し寂しく年越しをすることになりそうです(^^;)

去年は国際遠距離恋愛真っ只中で、大晦日にSkypeでその時の彼氏とやり取りをしたりもしましたが結局は独りで過ごしたようなものでしたので、今年もまた年末独りになったとしても大して去年と変わらないのですが、年末年始でも予定を組めそうかなぁと思っていた人物が減ってしまうと、行事の多い期間に独りか・・・と何とはなしに少し寂しくなってしまいますね(^^;)

仕事が忙しい宣言以降はLINEも激減し、返事も遅いドイツさん。こう、何か急に対応をガラッと変えられてしまうと、これって「こういう風に男性に去られる」歴史は繰り返す・・・な予感が、過去の嫌な思い出にも後押しされて嫌でもしてきてしまいます。今年の前半に元彼に忙しいと言われて待っていたのですが理由も不透明のまま恋が終わり、インターバルを挟まずドイツさんと関係を持ったこともあってか、彼の「忙しい」に対してもうそれを言われてしまったのか・・・と、早すぎない?と思ってしまいました。「忙しい」の全部が全部さよならの前兆ではないと思っていますが、元彼とのことは今年あった出来事なのでまだ記憶としても新しいですからね(^^;)

しかし今までと一つ違うことは、私は彼女ではないということ。それが少し気を楽にさせるのもあり、失うものも何もないのでこれはチャンスだと思いました。男性が忙しいと言う時に聞いてみたいことや本当に忙しいのかどうかをひとつドイツさんで実験してみようと、惜しみなくいろいろ聞いてみようと、「忙しい」と言っているのだから止めておけばよいのにやってしまいました・・・。そして度が過ぎてしまったようで本当に怒られてしまいました( ̄  ̄;)

「どうして女はいつも男が忙しいと言うとあれこれ推測して疑うんだ!」

疑うのは良くないと分かってはいますが、今まで例外に当たったことがないものですからドイツさんでひとつ試して聞いてみようと思ったんです・・・とは言えず。ただ男も女も友達も恋人も家族も、「忙しい」は何かの言い訳に使える便利な言葉ですし・・・だけど仕事の邪魔をしてしまったのはかなり悪いと思っています( ̄  ̄;)

彼を怒らせてしまった私ですが、少々子供っぽいところがあり稀にそれがかなり強めに表面に出てきてしまいます。彼に元彼のことを相談していた時にも「16歳じゃないんだぞ」「大人になれ」という風に呆れられたことが何度かありまして、今回も少しふざけるくらいで止めようと思っていたのですが、調子に乗ってしまいました。ちなみにドイツさんにとって20歳前半辺りの人はまだまだ子供だと感じるそうです。じゃあ恋愛対象にならないの?と聞くとそういう訳ではなく、全員が全員ガキではないと(^^;)確かに大人びた人もいますからね。彼がまだ大学生の頃の話ですが、私とイタリア人の元彼の9歳差など比べ物にならないほどの年齢差のある年上女性の方と関係があったと聞いていますし、気が合えば彼に年齢は関係ないのでしょうね。

さて、恐らく今までで一番ドイツさんを怒らせてしまった日になったこの日、残念ながら最後まで彼を怒らせたままで終わってしまいました。最後には「マジで忙しいからLINE送るな」と言われてしまい、今回のことについて「すみませんでした」とまた返信を送ってしまい、彼の「AGAIN! 」で締められました。

 

(何度も送ってすみません・・・)

最後は心の中で謝りました( ̄  ̄;)

 

しかし次の日になるとドイツさんからいつものテンションでLINEが来ていたので、かなり怒らせてしまったと大げさに考えることもなかったのかなぁと思いました。もちろん反省はしていますよ(^^;)ドイツさんは私と違って物怖じせず周りに左右されませんので、掴みづらいです。しかしこの件で怒られたことは確かなので、その日以来LINEを控えています。ひとつ分かったことは、思っていたよりも感覚的にけっこう暇なので、今までドイツさんにけっこうな時間を割いていたんだなぁということです。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事