ドイツさんとの一日を追う

ドイツさんのセフレになった私は月に数回ドイツさん宅におじゃまするようになりました。週末の夜に会いに行って、お泊りをして次の日の夜まで一緒に過ごすというのが私たちの間ではお決まりのプランになってきています。そのため毎回1泊分の荷物を持っていくのですが、これがちょっとした旅行気分にもなれるのでいい気分転換にもなっています。

ドイツさんの支配欲、これはSというのでしょうか。よくわからないですが、多分そうだと思います。だけど普段は優しい人で、見た目からもそんな一面があるなんて想像できないくらいです。他の人ともドイツな休日で書いたようなやり取りをするのかは分かりませんが、私に対して時々言うことすることが命令っぽいものだったりすることは、私は嫌ではありません。ドイツさんにさせられることに対して不満を持つこともほとんどなく、ドイツさんと体の関係になってからは遊びでロールプレイをしていた頃とは違う雰囲気があり、私たちの間ではちょっとした主従関係ができあがっています。少し変わっているとは思いますが、お互いに欲求を満たせるという点では合致しているのでこんな関係があってもいいのかなぁと思います。普段ない刺激もあり、私はけっこうこの関係を楽しんでいます。

朝の二度寝からはじまる翌日

ドイツさんと目覚める朝は遅いです。8時頃に1度起きて、またベッドに潜ってゆっくりします。お昼前に軽く食事をとった後は、ドイツさんの家事のお手伝いです。洗濯物を一緒にたたんだり、食器を洗ったり、スーパーに食料品などの買い出しに出かけたりします。そしてドイツさんのお宅はいつもきれいで掃除が行き届いているのでする必要はないのですが、ドイツさんは「ハチが拭き掃除をする姿が見たい」と変態っぷりを発揮しています(^^;)だけどその中で私も掃除の仕方を教えてもらっています。非常にきっちりしている人なので、普段の何気ないことでも彼から学ぶことは多いです。洗濯物のたたみ方が上手くなったと褒められたときは嬉しかったです(^^)

天気の良い日には繁華街に出かけたりもしますが、特に目的はないのでフラフラして疲れたらカフェでお茶しています。

私へのご褒美

お手伝いをした後、私はドイツさんから「ありがとう」と、これまで通りお菓子を貰えます。そしてもれなく食べさせてくれます。30歳を過ぎてこのシチュエーションを体験するとは思ってもいませんでしたので、違和感というか、恥ずかしいけど、でもちょっと楽しいです。「あーんして」と、もちろん日本語ではありませんが言ってくれます。だけどこう記事に書いていると「何しているんだろう、私たち」って気持ちになります(^^;)

お家で食べる夕食が好きです

朝も昼もあまり食べないので、夕食の時間はちょっと早いです。外食をすることもありますが、ドイツさんの家でいっしょに料理を作って食べることの方が多いような気がします。家で食べるときは焼肉をすることが多いです。切るだけ、焼くだけで簡単なので(^^;)私は焼肉プレートの隅でドイツさんが焼いてくれるラム肉のステーキが大好きです。ただ、焼肉は食後のにおいが後に残るのと、ダイエット中の私にはちょっと危険な食事内容です。

夕暮れ時の散歩

夕食の後は散歩に出かけます。緑の多い公園に出かけたり、景色の良い浜辺に行って1時間ほど一緒に歩いたり、ベンチに座ってゆっくりしたりします。こうしてドイツさんとの休日は過ぎていきます。平和で何よりです。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事