9つも上だということ

二人の間で決して縮まることのないもの、それは年齢です。先日、10年後はどうなっているんだろうという話になったので、この年齢差の記事を書こうと思います。

その差は9歳

彼の年齢と私の年齢の開きは9歳差です。これは非常に大きいと感じます。だって10年後にようやく今の私の年齢に達するのですから。そしてその頃には私はさらに歳を取る・・・アラフォー。彼には私が使い果たして失った年月がまだ私と彼の年齢差の分余分に残っています。彼には夢があって、やりたいことがたくさんあって、毎日一生懸命です。でも私は彼ほどはもう輝いていません。うらやましいなぁ、若いっていいなぁと彼を見ながらふと自分を見ると身体も心も老けてる・・・。世の中たくさん素敵な年の差カップルさんがいらっしゃいますが、私はとても後ろめたい気持ちになってしまっていました。年の差恋愛ってこうも自分の年齢を気にするものだとは、年下の彼のアプローチを受けて初めてしりました。もし私が年下で彼が年上なら、幾分年齢に対しての不安は少ないのかな。

年齢と足踏み

私たちの場合、彼の方からの猛アタックでお付き合いにいたりましたが、最初の頃は私にとってこの年齢差が非常にネックでした。「年の差カップル流行ってるねー」などと巷では聞いていましたがまさか私がその該当者の一人になるなんて思ってもいませんでしたし。いざ進みたいと思っても「年齢」が邪魔をしてなかなか彼にいい返事を返すことができませんでした。

そんな私を彼との恋愛関係に一押ししてくれたのは彼の言葉と誠実さです。私は何度も「どうして私なの?」「歳が離れてるけどいいの?」と彼に質問を投げかけました。何度同じ質問をしたことか・・・。でも私には自分の年齢への不安を解消させるために必要なことでした。彼は嫌な顔ひとつせず「何度聞いても僕の考えは変わらないよ」「君だからいいんだ、年齢は関係ない」「君が理解してくれるまで僕は待つよ」と、私が不安であることは自分のせいだから、その不安をなくすのも自分の役目だと丁寧に自分の気持ちや考えを教えてくれたのです。これには本当に救われました。

話し合うことは吉

不安要素があるなら二人で話し合うこと、とても大事だと思いました。今の私には9歳の年の差への不安はありません。誠実で粘り強い彼にありがとう。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事