遠距離恋愛の楽しくないところ

音信不通だった彼からようやく連絡が来ました。「ずっと連絡できなくてごめん、でも忙しいんだ。」と、そして気遣いの言葉を貰いました。でもとりあえず2月いっぱいまではなかなかメールできないそうです。彼は今、とっても忙しいんです。なぜかというと彼は料理を学ぶためにアカデミーに通っているのですが、もうすぐ卒業なので勉強に実習兼、仕事に毎日多忙な日々を過ごしています。そして私はというと、遠距離恋愛の厳しさを1人ひしひしと感じております。

遠距離恋愛のストレス

もし彼が近くに住んでいたら、もし彼と同棲していたら、もし遠距離恋愛じゃなければすぐに彼に会えるのにと、手に入らない環境を想像しては自分の環境がとても限定的であることにここ数日少々苛立っております。だってどんなに彼が忙しくたって、もし同棲していれば多少のコミュニケーションはとれると思いますし、近くに住んでいるなら邪魔にならない程度に彼をサポートできるかもしれない。けど私は何もできないまま、ひたすら待って待って待って・・・。これは相当なストレスです。

だけど待ってるだけじゃないよ

私も何かやらなきゃいけないのは分かっているんです。何かの記事で恋人と会えない間は「自分磨きをするべし!」と書いてあったので、手編みのマフラーなんか編んでみましたよ(^^)これは自分磨きではないかな?でも少しは手芸スキルあがったような気がします。(あくまで気ですが・・・)このマフラーはイタリアに住む彼に贈ろうと思っていたのですが、別記事のイタリアの郵便事情でも触れましたが荷物を取りに郵便局まで行ってもらうのもどうかと思ったので自分で使うことに・・・。

興味のあるものをみつけること

イタリア語かなぁ?料理を勉強してみる?ダイエット?手編みのマフラーにしても私が思いつくのは何か「彼」と関係のあるものばかり。自分磨きというよりは彼のためにって感じになってしまいます。私と彼の違うところは、彼は自分に必要なものやしなければいけないことがわかっていること。彼は自分のために自分の夢を追いかけているし、ちゃんと自分の時間を持ってる。私はというと彼がいないときも彼のことを考えて一日何もしないことが多いです。ひとつのことが気になると何もできません。これだととっても効率が悪い・・・。どうやったら治るのでしょうね。彼も私に言います「もっと自分の時間を好きに使って」と。私も少しは変わらなきゃ。まずは自分だけの時間を持てるように練習して、何か自分のためにできることを探したいと思います。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事