どうしてあの時ブロックされたと思ったんだろう

時間が経つのは早いもので、年下のイタリア人彼氏にフラれてからもう半年が過ぎました。仕事で忙しいドイツさんにかまってもらえない私は暇でふとあの時のことを思い出したのですが、あの時私はどうして彼にブロックされたと思ったんだろう・・・と思いました。もしかしたらブロックされたのではなかったのかもと・・・( ̄▽ ̄;)

LINEやFacebookなどのSNSのブロック機能は、関係を断ちたい時や関わりたくない時などに相手に知られないように繋がりを断つ方法だと認識しています。この「相手に知られずに」というのが重要だとすれば、私が「ブロックされた」と気付いたのがおかしい話で、あれはブロックではなかったのではないだろうかと思えてきたのです。

なぜあの時ブロックされたと思ったのかですが、それは彼の写真が消えていたためでした。SNSは自分のサムネイル画像を好きに設定できますよね。彼からのお別れメールを見たあの時、今まで見えていた彼のサムネイル画像が初期状態の画像設定をしていない人と同じ「人のシルエット」のような画像に変わっていたのでおかしいなと思いました。何でこのタイミングで画像を削除する必要があるのだろうと。突然に別れを告げられて混乱状態だったこともあり、何か制限されてしまったのだろうか、もしかしてこれはブロック!?とそんな感じで思ってしまったのです・・・( ̄▽ ̄;)

だけどあれがブロックでなかったとしても何かしらのアクションを彼はしたのでしょうね。考えられることと言えば私の連絡先を消したのではないかな・・・くらいでしょうか。

彼のサムネイル画像がデフォルトに戻っていたのには何か理由があると思いますが、でも今さらそういうことに気づいて考えても遅かったりします。せっかちだった自分のせいですが、親しい人にブロックされてしまったと思い込んでショックを受けたのはもう過去のことです。どのみち彼が去ったことに変わりはなく、あれこれ想像しても私はフラれた身でございます。

 

ふと思ったことについてでした(^^;)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事