「待つ」恋愛:その6か月をどうするのか

これから半年間、イタリアと日本で遠距離恋愛中の彼と私はお互いの連絡手段として使っていた主なツールからも一旦離れることになりました。彼がアカデミーにいた頃の延長戦というか本戦というか・・・とにかく始まってしまいました。あの時は2カ月でしたが、今度は6か月。とても遠く感じます。

彼からのメールはいつになるのかな?

彼がアカデミーで忙しくしていた頃はメッセージを送っても返ってくるのが1週間以上先だったりしたこともあるので、とりあえず彼が仕事に慣れるまでの期間はメールは返ってこないものとして気にしないことにします。そしてその期間、私からも連絡をするのをやめることにしました。手一杯のときはお荷物になるだけでしょうからね。まずはいつになるかわからない最初の返信を待ちますが・・・それともこのまま今年の後半になるまで、あるいはそれ以上に彼とは疎遠のままになってしまうのでしょうか。

過去の恋愛から学ぶべきか学ばないべきか・・・

思えばこれまでずっと「待つ」恋愛をしてきた私。こんな時に思い出したくもない苦い経験がよみがえります。男性が「忙しいから」と私と距離を置き始めたら、待っていても結末はいつも同じでした。

「新しい彼女ができたから」

「もう君とは付き合えない」

「好きじゃないから」

と私がフラれるパターンです。音信不通になりフェードアウトもありました。例外はありません。みんな去っていきました。今日はいつになく嫌な考えが浮かびます。私たちの行く末も同じなのかもしれません。だけど性懲りもなく同じ事をくり返す私。損な性格ですね。ただ「彼といっしょにいたい。」、理由はそれだけです。そしてそれは諦めなかった場合にのみあるかもしれない未来。「待つ」選択をしないというのは可能性がある/ないに関わらず、その未来を捨てるということです。そう思うから、私は彼を待つことに決めました。

読者の皆様へ

このブログへいつも足を運んでいただきありがとうございます。拙い文章で申し訳なく思いながらも、皆様に読んでいただけることがなによりの書く糧でございます。これから彼とどうなっていくのか、ブログの進路変更も多少あるかと思いますが、恋愛とイタリアについてできる限り継続的に発信していければと思っております。今後とも応援していただければ幸いです。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事