イタリアが好きな理由

私がイタリアを好きな理由は、イタリア女子と友達になったからというのが大きいです。彼女からイタリアのことをたくさん教えてもらって、一緒に遊んで、一緒に住んで、イタリアに滞在してみて、イタリアという国が大好きになりました。もし彼女とメールを始めなければ、おそらくイタリアとは縁がなかったように思います。イタリア料理は好きでしたが、食べるのはピザとミートソーススパゲッティくらいでしたし、お洒落にボロネーゼとか言ったこともなかった私ですからね(^^;)だからもっぱらインターネットで英語の勉強を続けて、その間にもし他の国に住んでいる人で彼女のような人に出会えたら、それがどこの国でも今の私がイタリアを好きなのと同じくらい、その国を好きになっていたと思います。彼女は私の人生に大きな影響を与えた一人なのです。

彼女とInterPals で話をし始めたのがこの時期でしたので、また1年経ったんだなぁと、ちょっとしみじみしてしまいました。何年経っても熱が治まらない彼女と私は、私たちの出会いが運命であると感じる度に話題にして、2人で行った町やレストラン、経験したことなどを思い出しては笑い、イタリアと日本で離れていても、なかなか会えなくても、この友情は本物であると度々語り合っています。それはもうしつこいくらいに・・・(^^;)

・・・というわけで、イタリア人女性から入った私は、イタリアの歴史に興味があったり、イタリアの美術や音楽が好き・・・というわけではありませんので、その辺の知識はあまりありません(^^;)庶民的なイタリアの食べ物はイタリアで食べて好きになったものもありますが、先ほどもお話した通りそれほどグルメでもありませんし、イタリア製品やブランドが特別好きなわけでもないので、有名なレストランやお店などにも関心がなかったりします。どちらかというと、「Non c’è sole! 」と影を探したり、ジェラートを食べたり、広場で語り合ったり、街に立っている香水テスターで匂いを試したり、お腹が空いたらピザを食べたりと、等身大のイタリア女子とイタリア人の暮らしを体験して、「彼女」との楽しかった思いでがたくさんあるのでイタリアが好きです。式としては、彼女>イタリアのような気がします(^^;)

そんな仲良しの私たちですが、ひとつ残念なことがひとつ。致し方ないことですが、別々の国に住んでいますので実際にはどんなに会いたくてもなかなか会えないことです。しかし会いたい想いは募るばかりで、最近はメールの内容も「一緒にここ行こう!」、「あれ食べよう!」と妄想話をする頻度が多くなりました。二人とも限界が近いように思います。ということで本格的に会うことも視野に入れて計画を立てることになりました!早くても来年とまだまだ先になりますが、日本かイタリアのどちらかで彼女に再会できたらいいなと思います(^^)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事