国際eパケットの書き方と送り方

外国人の友人と国際交流をするようになってから、外国に荷物や手紙を送るようになりました。私は国際eパケットを使っているのですが、初めて国際eパケットを使った時いろいろ面倒くさかったのと送り方が分かりにくかったので、今回は復習も兼ねて郵便局の国際eパケットの書き方と送り方を記事にしたいと思います。

注意:このページでは「贈り物」として送る荷物の場合で説明しています。

国際eパケットとは

  • 航空便扱いで2kgまでの小形物品をEMSや書留付き航空便扱いの小形包装物より安く送ることができる
  • 一部の国で追跡ができるほか、万一亡失、損傷等した場合は6,000円の範囲内で賠償金を請求できる

国際マイページサービスに登録しよう

国際eパケットを利用するには郵便局の国際マイページサービスに登録する必要があります。はじめて登録する方は緑の欄の「個人のお客様」「法人のお客様」をクリックすると新規登録画面に移動するので、必要事項(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を記入して登録してください。

無事登録が完了すると登録に使用したメールアドレス宛に「仮登録」のメールが来ますので、そのメールの中にあるURLをクリックして本登録をすませてください。

国際マイページサービスにログイン

本登録完了後、ようやく国際マイページサービスにログインできます。国際マイページサービスのログインページにアクセスしてログインをすませます。

ログイン後の画面はこんな感じです。

 

 

まずは専用パウチを請求

国際eパケットは送り状を入れる為の専用のパウチが必要です。国際マイページのメインメニューのパウチ請求(上の画像の緑色で囲っている部分)から請求ページに行って、請求枚数と送り先住所を選択して請求してください。

送り状を作成する1:送り主の選択

ここからようやく送り状の作成です。送り状はPDFで作成されますので、無料のPDF文書閲覧ソフトのAdobe Readerをパソコンにインストールしておいてください。では、国際eパケットの専用パウチが届くまで数日かかりますので、その間にぱぱっと作成を済ませましょう。

まずメインメニューの右側中段にあるオンラインシッピングツールの「送り状を作成する」をクリックします。(上の画像の赤色で囲っている部分)送り主(あなた)の氏名と住所の選択画面に切り替わりますので、①国際マイページに登録した住所(既定)または②別の住所を指定したい場合は「ご依頼主を登録する」ボタンから新しい送り主を登録してください。送り主が決まったら「お届け先の選択へ」をクリックします。

 

 

送り状を作成する2:送り先の選択

初めて国際eパケットを使う場合は送り先のアドレス帳が空欄なので、まず「お届け先を登録」から送り先を入力します。

 

 

送り先の郵便番号は入力必須項目になっていませんが、書いておく方が安心です。送り先の電話番号とメールアドレスも必須ではありませんが、地域によっては荷物を郵便局まで取りにいかないといけない地域もありますので、送り先の電話番号を書いておくと、もしかしたら郵便局の人が荷物が到着したことを電話で知らせてくれるかもしれません。またメールアドレスを入力しておくと、「海外配達局到着時に送り主にメールで通知する」機能があとで追加できます。

では、住所を選択して内容品の選択に移りましょう。

 

 

送り状を作成する3:荷物の中身の登録

発送種別:国際eパケット

※国際eパケットは航空便のみですので発送方法の選択はできません。

ここから送る荷物の中身の内容を登録していきます。「内容品を登録」からでもできるのですが、送る品が多い場合は「内容品一覧を参照」の方が作業が早くすむので「内容品一覧を参照」から登録していきます。

 

 

ページが切り替わったら「新規内容品を登録」をクリックして内容品の詳細をひとつずつ英語または送り先で通じる言語で記入していきます。

 

 

私は内容品名、重量、単価を書いています。内容品を登録していくと、内容品一覧ページにリストが作られていきます。

 

 

左にある選択欄にチェックを入れて「送り状に内容を登録」ボタンをクリックします。

 

 

内容品の情報が加わりました。個数と内容品の総額を日本円で記入したら

・内容品種別:贈り物

・「No Commercial Value」を表示する

・危険物についてのご確認

内容品種別の贈り物を選択し、上のふたつにチェックマークを入れて、「発送関連情報の入力へ」に進みます。

 

 

送り状を作成する4:発送予定日とインボイスの確認

まずは発送予定日を入力してください。予定ですので1~2日の誤差があっても大丈夫です。総重量を入力すると郵送料金が表示されます。郵便局でもう一度計量されるのでこの料金は確定した金額ではありませんが、この郵送料金+書留料金の合計が郵便局で請求される金額の目安になります。

インボイスが別途必要な国に送る場合は「インボイスを印刷する」を選択して印刷するのを忘れないでください。ちなみにイタリアへ送る場合はインボイスは必要ありません。私はフィリピンにも友人がいますが、フィリピンへ送る場合はインボイスが1枚必要ですので印刷を選択する必要があります。

 

 

送り状を作成する5:最後のチェック項目(オプション選択)

ここまでお疲れさまでした。まもなくパソコンでの作業は終了となります。先ほど少し述べましたが、「お届け先の登録」で送り先のメールアドレスを登録した場合は、ここでメール通知のオプションが選べます。そのほか希望する通知サービスがあれば選択します。

しかしここで注意するべきことがあるのですが、このメール通知機能がうまく機能しないことがあります。私は自分のアドレスへ「配達完了」と、送り先のアドレスへ「海外配達局到着」のチェックを入れましたが、イタリア、フィリピンとも機能しませんでした・・・。海外の郵便事情は日本と異なります。イタリアでもフィリピンでも荷物を届け先の住所へ宅配してくれるとは限りません。送り先の国へ到着し、税関審査が終わればまもなく配達郵便局に到着すると思われますので、数日中に送り先にそのことを伝えて最寄りの郵便局へ電話などで確認してもらうことをおすすめします。

 

 

送り状を作成する6:送り状の印刷

では「登録内容を確認する」へ参りましょう。これまで記入した内容の全てが次のページで表示されますので、内容に誤りがないか確認し、修正が必要ならば修正してください。

一通り確認して「送り状を登録する」のボタンをクリック、次のページで「注意事項に同意して送り状を印刷」でようやく印刷画面になります。私のパソコンでは印刷アイコンが分かりにくい場所にあって画面上では見つけられないのですが、次の画像の「>>」の部分をクリックすると出てきますのでそれをクリックして印刷しましょう。印刷はカラーでもモノクロでもどちらでも大丈夫です。

 

 

送り状を作成する7:送り状の確認

こちらが印刷した送り状になります。サインと日付を書く欄がありますので記入するのを忘れないでください。送り状の下半分はカッターなどで切り離します。

 

 

インボイスを印刷された場合はインボイスの用紙の方にもサインと日付を書く欄がありますので記入するのを忘れないでください。

 

 

 

後は郵便局へ荷物を持っていくだけです。私は荷物に専用パウチを貼り付け、その中に送り状を入れて(封はしない)持って行きます。受付の方に送り状の確認をしてもらって受付印を押してもらわないといけませんので専用パウチの封はしないでください。

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事