イタリアの髭事情

日本とイタリアで違うもののひとつに「髭」がありますね。日本とは逆でほとんどの成人したイタリア人男性は髭を生やしているように思いますが、そこには理由があるようです。私の彼もその一人で髭を整えはしますが、剃ろうとはしません。というかできれば剃りたくないようです。料理学校に行く前に「食材を扱う仕事だから髭を剃らないといけないかも。どうしようー!(T_T)」と嘆いていました。けっきょく短く整えただけでしたが。私は彼に髭があってもなくてもどちらでもかまわないので好きにしなさいなという気持ちですが、どうして髭にこだわるのか知りたかったので聞いてみました。

理由①:子どもっぽく見える

「髭がないと子どもに見える」と言った彼。少し若く見えることはあると思うけどさすがに子どもには見えないと思うよ(^^;)

理由②:男らしさがない

これも理由①とよく似ているのですが、イタリアは外見に関しては男性的なオーラが強い人の方が女性にモテる傾向があるようなので髭は自分の魅力を上げる部分らしいです。日本人男性とイタリア人男性の外見の違いについてイタリアの女友達とよく話をしますが、「どうして日本の男の人は〇〇なの?」とよく聞かれます。「日本人男性のケアやおしゃれの仕方は私たち(女性)のような感じだわ。」と彼女たちは言うのです。他の国の男性と比べて日本人男性が見た目にこだわりすぎているのかは分かりませんが、少なくとも私のイタリアの女友達から見て日本人男性といえば見た目よく見えると思われているのは確かです。

理由③:肌が傷つく

第三の理由は剃刀負けするのが嫌だからだそうです。これは分かります。女性も日々身体のケアで大変ですもん。

結局、私の彼の場合だと見た目男らしくありたいというのが大きな理由ですね。彼は真剣そうに、「髭は全世界の男の問題なんだよ」とまで語っていましたが、私は女なので分かりません(^^;)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事