外国人と歩こう日本の観光スポット<大阪編>

先月はフィリピン人の友達と日本を観光しましたが、先週末にまた外国人の友達と会える機会がありましたので、今回はベルギー人兄弟と大阪の観光をしてきました。大阪では大阪グルメの観光をしたいと言っていたので、向かったのは観光客に人気があるといわれている難波にある黒門市場です。

関連記事:

外国人と歩こう日本の観光スポット<京都編>①

外国人と歩こう日本の観光スポット<京都編>②

難波での待ち合わせ

地方在住の私は難波をあまりよく知りません。大阪だと梅田は時々遊びに行ったりもするのですが、難波周辺は私の記憶だと訪れたのは多分人生で2回だけです。私もおそらく難波で迷うかもしれないという不安があったので、待ち合わせ場所はできるだけわかりやすい場所をとインターネットで検索しました。すると難波駅からすぐの高島屋前が分かりやすいという情報があったので、Google Mapで高島屋前をピン止めしたURLを送って、それでもまだ不安だったので高島屋の建物の正面の写真もいっしょに送って「このビルの下で待ち合わせね」と念には念を入れておきました(^^;)そして当日、無事に合流できた私たち。

回転寿司が食べたい

待ち合わせをしたのがお昼時なので合流してそのまま黒門市場へ向かうはずだったのですが、ベルギー兄弟が回転寿司を食べてみたいというので近くにあったお寿司屋さんで軽く昼食をとることにしました。ベルギー兄弟にとって回転寿司に行くのは初めてのことでしたが、もう一人ここに初心者が1名・・・。30数年日本人をやってきて、回転寿司は今や日本の文化のひとつとも言えるものですが、実は私も回転寿司は初体験でした。私の住んでいる町に回転寿司店がないというわけではなく、ただこれまで行く機会がなかったので・・・(^^;)少し不安だったのですが入店した回転寿司店で勝手が分からずにいると、隣で食事をしていたおじさんがいろいろ教えてくれて楽しい昼食になりました。(ありがとう、おじさん!)写真付きの英語のメニューがあったのも助かりました。ベルギー兄弟のお気に入りは玉ねぎがのったサーモンのお寿司でした。

黒門市場の食べ歩き

回転寿司店で昼食後、黒門市場にローカルフードを物色しに向かいました。市場は肉、魚介、果物、干物など豊富で、その場で調理をしてくれたりと面白かったです。ベルギー兄弟が興味深々だったのはタコの串刺しとウニ、そして白い苺でした。ただ白いちごのお値段を見るとかなりの高級品。1パック3000円と、とても手が出せそうになかったのですが、別のお店で白いちごを1粒から販売しているのを見つけました。それでも1粒400円でしたが、その一粒をみんなで分けて美味しくいただきました。ベルギー兄弟は気に入っていたようですが、私は赤い苺の方が好きかな(^^;)でも美味しかったです。

商店街をうろうろ

一通り黒門市場を見て回ったので、今度は難波から心斎橋方面に向かってある商店街を探索しに向かい、いくらか靴屋さんを見て回りました。ベルギー兄弟のお目当てはコンバースのスニーカーです。なぜならベルギーでは靴の色もコンバースのスニーカーの種類も非常に少ないそうなんです。そして今回お金の話ばかりになっていますが、値段を見る限り日本で買うほうがベルギーで買うよりも数千円安いらしい(^^;)ところで道頓堀のグリコの看板ってどうしてあんなに人気があるのでしょうか?ベルギー兄弟も満面の笑顔でグリコポーズをしてくれました。どうせならグリコのキャラメルをお土産に持っていけばよかったかなぁとも思ったりしています。

夜ご飯は肉料理

夕食はベルギーらしく肉料理を食べに行きました。日本の食べ物を食べるのもいいけど、やっぱり肉が恋しくなるようです。そしてベルギー兄弟曰く、日本の肉はベルギーのものと比べるとかなり良質らしいです。レストランで観光中に撮った写真の見せ合いをしたのですが、その中に日本のスーパーのお肉コーナーで撮ったと思われる写真があって、どうしてこの写真を撮ろうと思ったのかを聞くと、「こんな良い肉はベルギーじゃレストランに行かないと食べられない。日本は恵まれているよ」と言っていました(^^;)日本のスーパーのクオリティが高いことを知った日でもあります。

難波エリアの観光、歩きに歩き回った1日でしたが、とても楽しかったです(^^)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ 

関連記事