始まりは1通のメールから②

うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。

ポーランド人と日本人で京都観光、そして・・・

休日を利用して大阪から京都にやってきたポーランドさんと私。大阪では観覧車の後に映画を見に行き、お買い物にも少し時間を当てたので予定より遅くなりましたが、夜には京都に着きました。

大阪でもプラン通りとはならなかったのですが、今回のこの京都旅行でも少しだけ予定変更がありました。それは、ガイドさんの追加です。日本慣れしているポーランドさんですが、あまり日本語は得意ではないようでしたので、彼が泊まる旅館まで付き添った後、私はそのまま友達と合流、そしてお泊りのために彼女の家に向かいました。最初は京都も彼と2人で観光をする予定だったのですが、彼の話を友達に話した時に同行したいと言っていたので、私と日本人女性2人+ポーランド人で回ることになったのです。

最初は上手くいくのか心配でしたが、この京都観光はけっこう充実していました。だけどポーランドさんには事前に友達といっしょでもいいですか?・・・と聞いて了承を得ていましたが、よく知らない女性2人といっしょの観光は少し気まずい思いをさせてしまったかもしれません。

金閣寺

今回の京都もいろんなところへ行きました。そして珍しく金閣寺にも行きました。私は基本的に要望がない限りは金閣寺に外国人の友達を連れて行くことがありません。金閣寺は金色で明るく、キラキラしていてきれいなのですが、寺内は見るものが少なく、これまで連れて行った人の反応があまりよろしくないという結果に終わっているので・・・。

今回はポーランドさんが行ってみたいと言っていたので金閣寺に行くことになったのですが、やはり金閣寺ですることと言えば、あの角度からの写真撮影ですね(^^;)

 

私たちもみんなで記念撮影をしました。

もちろんここに限らず旅行中はいろんな場所でたくさん写真を撮りました。

だけど私には不満がひとつあったのです。ポーランドさんと写真を撮る度に、なぜか私の腰に手を当ててくる彼にやや不満を抱いていました。接近されることには何とも思わないのですが、腰に手を当てられるというのはちょっと意識してしまいます。

祇園で茶道体験

さて、他にも訪れて印象に残ったのは祇園。ポーランドさんがどうしても体験したかったもののために向かったのは英語解説付きで茶道体験ができる茶室です。

こちらはあらかじめ予約を取っていたのですが、まさか同行者の人数が増えるとは思っておらず、2人分の予約しかありません。もしかしたら席に空きがあるかもしれないしお店側と交渉してみようか?・・・と友達に相談しましたが、「茶道?いや、ウチらはいいわ」と乗り気ではなかったので、結果的に丁度良くなりました(^^;)

茶道=特別なものと思っていたのであまりの素っ気なさにちょっと驚きはしましたが、彼女たちは京都の人なので他県出身の私とは違い茶道はけっこう一般的なものなのでしょうかね(^^;)

 

お世話になった茶室では茶道初体験のポーランドさんが「この時を待ちに待っていたんだ!」と、もう尋常ではないくらい緊張、そして興奮されていました(^^;)

日本の文化にこうして興味を持ってくれるのは嬉しいですね。日本人として何かひとつでも良いことを言えればよかったのですが、私も本格的な茶道というのはこの日が初めてでした。母が一時期お茶にハマっていて茶筅を使ってお茶を点ててくれたこともありましたが、いただくにしても家でのことですから作法のさの字もありませんでしたし・・・(^^;)

そんな2人の初心者ですが、他の茶道体験をしにやってきた人たちと物静かにひっそりと、そして楽しく時間を過ごすことができました。やはり英語解説付きとだけあって私以外は外国からの旅行者でした。慣れた手つきで茶道のレクチャーをしてくれた方とは反対に、私たち初心者陣は全員見様見真似で「何杯入れるんだっけ?」「もっと混ぜるの?」「これくらい泡立ったらOK?」などと、ひそひそと会議をしながら自分たちで点てたお茶をいただきました(^^;)お抹茶は苦かったのですが茶菓子のおかげで美味しく、楽しい茶席でした(^^)

 

さて、私たちは茶室を後にし、他の2人と合流するまで少し時間があったので八坂神社周辺で散歩をしておりました。

辺りはもう夕暮れ、お天気にも恵まれて良い一日だったねと、この日を振り返りながらお喋りをしていると、ポーランドさんが言いました。

 

 

「ハチ、話があるんだ。僕と、結婚も考えて付き合ってほしい」

 

 

つづく・・・( ̄▽ ̄;)

ランキング応援して頂けると嬉しいです(*^-^*)

にほんブログ村 恋愛ブログへ

関連記事