カテゴリー: 30代の生活と日常

並び替え :
|

アップルストアが苦手になったお話

ドイツさんとアップルストアに行ってきました。 彼のスマホが壊れてしまって「仕事ができない!連絡とれない!Help me!!」とかなり必死に訴えてきたのです。キャリアショップで機種変してもらえばいいじゃないと言ったのですが、いろいろと新プランを進められてそれに時間を取られるのが嫌だと。「ハチがいれば日本語でそういうのはスパッと断れるだろう」と( ̄  ̄;) そのためだけに私を呼ぶのね...

続きを読む

一緒に歩いてくれる人

ドイツさんの家へ行く前にお遣いを頼まれていたので、スーパーで牛乳を1本買ってから向かいました。彼の家に着いて買い物袋を渡すと早々彼からご指摘が。   「コーヒー牛乳入ってないよ」 「えっ?買ってくるものって牛乳でしょ?( ̄▽ ̄;)」   「コーヒー牛乳だ。それに2本って言った」と・・・。証拠のLINE履歴を確認してもそこには確かにコーヒー牛乳...

続きを読む

元カノと連絡をとる彼

ある日のドイツ邸、ぼー・・・としているドイツさんを見ながら同じくぼー・・・としていると、「これまで間違った選択をしてきたのかもしれない・・・」と彼が急に語りだしました。今この瞬間、私とのことが「間違い」だと言われている気がしてちょっと複雑でしたが、それは忘れることにして続きを聞くことにしました。 ドイツさんはある1人の元カノと連絡を取り合っているのですが、どうやら彼女と話したことで何か...

続きを読む

私の夏:ドイツさんのお迎え

ドイツさんの、「今日帰る」という知らせに空港まで迎えにいってきました。 なんでよりによってこの暑い日に・・・( ̄  ̄;)と思いましたが長い空の旅で疲れているであろうということでお迎えに。といってもバスで向かったのですが。ドイツさん本人は「おめでとう。日本に帰った俺を見る最初の人物になるな。嬉しいだろう」とか訳の分からないことを言っておりましたが、その全然特別そうにみえないファーストコン...

続きを読む

Amazon.comのお急ぎ便、Priority Shipping(DHL)の日数

どうしても欲しいものがあったので、アメリカのAmazon.com からPriority Shipping の配送オプションを利用して個人輸入をしてみました。Priority Shipping は配送オプションの中でも一番高い料金を必要としますが、一番早く荷物を受け取れる配送方法でもあります。 Amazon.comの各配送オプションの所要日数の目安 Global Standard ...

続きを読む

清算の時

毎夜恒例、この夜もドイツさんと仲良く歯磨きをしていました。裸で・・・( ̄▽ ̄;) ソファで戯れた後でしたのでこんな格好だったわけですが、素っ裸のドイツさんとは違い私の方はスカートを履いていました。しかしスカートだけ身に着けているというのも逆に変態度が増しているようで恥ずかしいのです。それに気づくとね(^^;) ところで、隣で誰かが歯磨きをしていると歯ブラシの動かし方や向きを真似し...

続きを読む

女性からのセクシーなオファー:敢えて宣言する女性の存在

SNSの普及で写真の共有も頻繁にするようになった私が送るものと言えば特に意味のないトカゲや蝶の写真だったりします。花粉や風邪の時期にはローション配合のティッシュだったりと製品を知らない人には有用な写真であることもありますが、基本的に私の写真にセンスはなく目的のないものがほとんどです。 しかしドイツさんの周りではこの写真共有機能を有効的に活用している人たちがいらっしゃいます。それは、自分...

続きを読む

ドイツさんと教えてちゃん:ドイツを表す言葉

私はときどき極度の教えてちゃんになります。気になったものを気になっただけ聞いているので、鬱陶しいと思われているんだろうなぁと思います(^^;)だけど自分で調べてみようと思うほどに興味はなかったりするので、自分でも最低だと思いますが親切に教えてくれたものを覚えていないということもたまにあります・・・( ̄  ̄;) 特に知り合って最初の頃は日本人らしくドイツと言えばビールとソーセージ...

続きを読む

深夜3時の奇妙な二人②:私の崩壊

「Pull your hair behind the ear. Do you know what I will? I’ll slap you 」 何がどうしてこうなったのか・・・( ̄  ̄;) 私は驚きのあまり何も言葉が出ませんでした。 ただ、夜中の3時からビンタって土曜日もまだ始まって間もないのに散々なんですけど・・・( ̄  ̄;)と、今は思います。 &nbsp...

続きを読む

深夜3時の奇妙な二人①:I love youの意味は・・・;

ドイツさんとまた飲みに行きました。彼の方でちょっと良いことがありまして、この夜はそのお祝いで私たちは遅くまで彼のお友達が経営するというバーで飲んでいたのです。 マスターはもちろん外国の方で、お客さんも外国人の方が多く外国語がたくさん飛び交うお店でした。皆さん明るくて、僕たち出会えばもう友達!な感じですごくオープンで、ノリが悪く人と打ち解けるまでに時間のかかる私は終始たじたじして...

続きを読む